一人暮らし 引越し 初期費用

一人暮らしの引越しにかかる初期費用ってどれくらい?!安くする方法はある?!

【損してない?】一人暮らしの引越しにかかる初期費用は?お勧め引越し一括見積もりサイトはこちら

 

一人暮らしを始めるとなると、ベッドやテーブルなどの家具、冷蔵庫、洗濯機、テレビなどの必要な家電、
カーテン、食器、調理器具など一からすべて揃えなければなりません。

 

では一人暮らしの引越しでかかる初期費用とはいったいどのくらいなのでしょうか?
ここでは一人暮らしの引越しでかかる初期費用について考えてみましょう。

 

一人暮らしの引越しにかかる初期費用の相場はどれくらいなの?!

一般的に一人暮らしの引越しにかかる初期費用は家賃6か月分程度と言われています。

例えば家賃が7万円の家に一人暮らしを始めるとなった時には、42万円程度の初期費用が掛かってきていしまいます。
また一人暮らしの初期費用には、物件にかかる初期費用、家電や家具など生活必需品にかかる初期費用、
引越し作業にかかる初期費用の3つに分けることができます。

 

この初期費用の中で最も高くかかるのは物件にかかる初期費用です。

しかしこの初期費用に関しては削ることができませんので、引越しにかかる初期費用や
生活必需品にかかる初期費用を削減することで、
一人暮らしの引越しにかかる全体的な初期費用を安くすることができるでしょう。

 

物件にかかる初期費用

物件にかかる一人暮らしの引越しにかかる初期費用には敷金、礼金、仲介手数料、前家賃、日割り家賃、
管理費、共益費、賃貸保証料、鍵交換費用、火災保険料などがあります。
敷金は大家へ渡す保証金であり、家賃を滞納した場合、退去時の修繕費用などを敷金で賄うことになります。

 

退去した時には支払いが発生しなかった場合、修繕費などを差し引いた額を返金してもらえます。
基本的に不動産物件には敷金が家賃の〇ヶ月分と表記されておりますので、そこをチェックしておきましょう。
礼金は大家に対してのお礼という意味合いの金額であり、返金されることはありません。
ただ最近の物件では家賃に礼金分が上乗せしてあったり、
礼金無料になっていたりする物件も増えてきています。

 

仲介手数料は賃貸物件を仲介してくれた不動産会社に対して支払う手数料となります。
前家賃とは次の月の分の家賃を契約時にまとめて支払うことを言います。
日割り家賃とは入居日が月初めではない場合、日割り計算した分の家賃を支払うことになります。
マンションによっては管理費や共益費が必要な物件もあります。
管理費、共益費は、マンションの共有スペース、建物の維持、メンテナンス、修繕に使用される費用になります。

 

家電や家具など生活必需品にかかる初期費用とは?

初めて一人暮らしを始める場合、家具や家電など生活に必要なものをすべて揃えることになります。

最低限必要な家電と言えば、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、掃除機などでしょう。
また家具としては、布団、ベッド、収納ケース、テーブル、食器棚、カーテンなどが一般的です。

 

これらのものをすべて購入するとなると最低でも10万円の費用は必要になります。
安くそろえたいという方はリサイクルショップやアウトレットなどで購入したり、
友人などに譲ってもらったりするとよいでしょう。

家具や家電を購入する時は一人暮らし用の小さいものを購入するようにしましょう。

【損してない?】一人暮らしの引越しにかかる初期費用は?お勧め引越し一括見積もりサイトはこちら

 

引越し関連の初期費用

一人暮らしをする場合、引越しをしなければなりません。

引越しを業者に依頼するときには引越し料金が発生しますので、
初期費用として引越し料金も考えておくようにしましょう。

初期費用で削減できる点といえば、ずばりこの引越し費用でしょう。
物件に関する費用、生活に必要なものを購入する費用はなかなか節約できませんので、
初期費用をできるだけ安く抑えたいのであれば安い引越し業者に依頼をして引越しをするのがベストです。

一人暮らしの引越しの場合、単身パックなど単身者専用の引越しプランがおすすめです。

単身パックであれば条件がそろえば1万円台での引越しも不可能ではありません。
ただ単身パックは専用のコンテナボックスに入るだけの荷物を詰め込むタイプの引越し方法になるので、
荷物の多い方には向いていません。
ただ荷物が少ない単身者や新居先で新しく家電や家具などを購入する単身者であれば、
それほど荷物は多くないので十分に単身パックで対応できるでしょう。

 

引越しにかかる初期費用を安くするには引越し見積もり無料一括請求サイトがおすすめ

引越しにかかる初期費用を安くするためには引越し見積もり無料一括請求サイトを利用してみましょう。
引越し見積もり無料一括請求サイトは1回の請求で最大10社からの見積もりを請求することができます。

 

複数の業者の見積もりを比較すればどこの業者が安く引越しをしてくれるかすぐにわかります。
費用の安い業者をいくつかピックアップして、そこから値下げ交渉を行っていけば、
最初に提示された引越し費用よりもさらに安く引越しが可能になります。

引越し見積もり無料一括請求サイトはすぐに見積もりを請求できますし、
引越しまでに時間がない方でも登録して利用するべきでしょう。

 

一人暮らしの引越しにかかる初期費用は?お勧め引越し一括見積もりサービスランキング

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

LIFULL 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのあるLIFULL 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。